フォト
無料ブログはココログ

2018年5月10日 (木)

伊那

2018-05-03  生憎の曇り空で肌寒く、蝶の姿は有りません。
たまたま行き着いた所が南アルプスの女王と称される「仙丈が岳」の西の登山口「柏木」でした。山頂まで地蔵岳を経由して7時間以上はかかるようです。
Dsc04558_3

Dsc04557_2

三峰川と黒川の合流地点にある山村「長谷中尾」には歌舞伎座が有り伊那市の「無形民俗文化財」に指定されています。小さな村ですが見事な建屋「中尾座」に驚きました。
Dsc04559

Dsc04560

お昼過ぎシバザクラに素晴らしい色合いの「ミヤマカラスアゲハ」が吸蜜に来ました。
Imgp0107

Imgp0108

2018-05-04  守屋山(日本展望百山の1座です)1等三角点
毎年夏場は多種の蝶が乱舞していますが、今日は静かな山頂です
Dsc04569

今回は立石コースを登りました
Photo_8

ヒトリシズカ
Photo_7

3

ヒトリシズカの群生
Photo_2

ヤブレガサ
Photo_3

ミヤマセセリ
Imgp0113

2018-05-05 小黒川林道
コツバメ  とまるとすぐに翅を太陽の方に向けます。
2_2

Photo_4

3_2

入笠山にはこの苔状の「サルオガセ」が沢山付いています。
Photo_5

今回も世話になった「入笠牧場」のテント場です。(テントは別グループの物)
標高は1700mあり今朝は氷が張っていました。
Photo_6

2018年4月30日 (月)

京都市植物園

2018-04-29 久しぶりの植物園でしたが思った程の蝶影は有りませんでした
クロアゲハ
Photo

2

アオスジアゲハ ここはハルジオンの世界です
3

Photo_2

ナガサキアゲハ♂ 蓮池で職員が池の清掃作業をしているすぐ横で、飛び立ちもせず長い間吸水をしていました
2_2

4

Photo_3

アメンボの交尾 足が8本見えたので驚いていましたが、良く見ると交尾をしていました。初めて見ました。
Photo_4

クマバチ 満開のタニウツギ?の花を忙しく飛び廻り、吸蜜に余念が有りません
2_3

3_2

Photo_5

2018年4月28日 (土)

宇治川河川敷

2018-04-27 宇治川 
ここでは日本固有種のオオバコはほとんどお目にかかれません。
ヘラオオバコ
Photo

2

タチカタバミ
Photo_2

アメリカフウロ
2_2

Photo_3

キツネノボタン(ケキツネノボタン?)にヒメウラナミジャノメ
Photo_4

雑草 名称不詳
Photo_5

2018^04-28 宇治川
ヒメジオンにツマグロヒョウモン♂
Imgp0039

Imgp0038

Imgp0040

2018年4月22日 (日)

2018年、春のまとめ

2018-02-08 中書島
ヒレンジャク
2_2

Photo

3

4

5

6

Photo_2

イソシギ
2_3

Photo_3

キセキレイ
Photo_4

2018-02-16 大吉山
ヤマガラ
Photo_5

2_4

シジュウカラ
Photo_6

2018-03-24 ポンポン山
越冬ヒオドシチョウ
Photo_7

2018-03-26 宇治川
Rivが余分では?
Photo_8

2018-03-27 木幡池
ベニシジミ
Photo_9

Photo_10

Photo_11

2018-04-04 小塩山
カタクリ
Photo_12

Photo_13

シハイスミレ
Photo_14

タチツボスミレ
Photo_15

ミヤマカタバミ
2_5

Photo_16

2018-04-09 杣山  天気が思わしくなく、期待のギフチョウは全く飛ばず!
キアゲハ
Photo_26

2018-04-22 宇治川
ベニシジミ
Photo_24

Photo_25

Photo_20

ナヨクサフジにシロスジヒゲナガハナバチ
Photo_19

ハナムグリ
2_6

3_2

Photo_21

ダイサギ 長い首です!
Photo_23

木幡池 ヒメジオンにアオスジアゲハ
4_2

Photo_27

3_3

2018年1月31日 (水)

木幡池の珍鳥

2018-1-20 タカサゴクロサギ
裏の木幡池に大勢の人が、大きな望遠レンズを構えて集まっていました。大変珍しい京都では初めての鳥で「タカサゴクロサギ」と言う名の鳥の撮影との事。私も写真を撮ってみました。
Photo_6

2_3

Photo_7

Photo_8

3

ピンボケですが飛翔です
2_4

木幡池には以前「ノハラツグミ」も飛来していて、大変な数のカメラマンが押し寄せていた事を思い出しました。
参考までに「ノハラツグミ」の写真です
1_2


Photo_5

2017年11月24日 (金)

西表島、石垣島

2017-11-16~21 西表島にリュウキュウウラボシシジミに会いに行って来ました。
初日から雨時々曇りのぱっとしない天気でしたが、仲間川林道では何とか蝶影がありました。
2017-11-17 仲間川林道
ルリウラナミシジミ
Photo

ヒメアサギマダラ
Photo_3

2

リュウキュウウラボシシジミ 初日に願掛けが通じました、しかしこの蝶はとにかく小さい!目を離すとすぐに見失いますので、目で追いかけるのに疲れます。
Photo_4

Imgp3161

3

クロセセリ
Photo_5

2017-11-17 白浜
イシガケチョウ♀
Photo_6


Photo_7

♂♀
Photo_8

シロウラナミシジ 
2_3

3_2

4

Photo_9

シロウラナミシジミのショウガ科の食草ですが、蕾に産み付けられた卵を採る
ために、沢山の茎が見事に切り取られています。憤りを感じます
Imgp3188

Imgp3187_2

スジグロカバマダラ
Photo_10

Photo_11

ミナミキチョウ
K50_7622

ヤエヤマイチモンジ♂
2

Photo

3_3

ツマムラサキマダラ♂
Photo_13

クロアゲハ  本州の物に比べて、尾が短い
Photo_15

ヤエヤマカラスアゲハ
Photo_16
 
ピナイサーラの滝  西表島にもこんな大きな滝があります。沖縄県では一番大きく
落差は54m
Photo_14

浦内川支流でカヌーを楽しむ修学旅行の高校生達
Imgp3199

昔有った炭鉱のトロッコ橋跡、今ではこのように朽ち果てレンガ造りの橋脚も密林の中
Imgp3194

2017-11-18 再び仲間川林道
クロアゲハ
2_6

マサキウラナミジャノメ
Photo_17

リュウキュウウラボシシジミ
2_7

Photo_18

シロウラナミシジミ
2_8

Photo_19

2017-11-20  石垣島
イワサキタテハ
3_9

4_4

5

オオゴマダラ
Photo_20

2_9

Photo_21

2_11

クロボシセセリ
Photo_22

ネッタイアカセセリ
Photo_23

Photo_24

Photo_25

ホリイコシジミ  この蝶もウラボシシジミに負けないくらいに小さい
止まると翅を左右に動かす習性が有りますのでこの蝶を見ると、東本願寺の坂東曲(ばんどうぶし)を思い出します。
2_12

3_5

Photo_26

ユウレイセセリ
2_13

3_6

ツマムラサキマダラ
2_14

3_7

4_3

Photo_27

綺麗な甲虫、名称不明
Photo_28

於茂登岳山頂三角点  時間が余ったので沖縄県で一番高い山に登ってきました。以前上った折に三角点を撮り忘れていましたので。
Photo_29

於茂登岳下山中に何とも不可思議な動物を見つけました。
調べてみると「オオミスジコウガイビル」と言う名のミミズみたいなものです。
頭部は昔の女性が髪を整える「コウガイ」に似ています。持ちあげてみましたが全長は40cM程有りました。
ヒルとついていますが蛭の仲間では無い様です
Photo_31

2_16

3

2017年10月25日 (水)

宇治川堤防

2017-10-25 雨も上がったので、台風21号で増水した宇治川の堤防に行って来ました。フェンスの陰で咲いていた、台風の風で倒れかかったセイタカアワダチソウに、ベニシジミとツマグロヒョウモンが吸蜜をしていました。花は密に咲いているので吸いごたえが有りそうです。

ツマグロヒョウモン♂
Img_5272_2

Img_5281

Img_5286

ベニシジミ
Img_5300

Img_5307

Img_5310

アキアカネ 時期的に翅も大分くたびれているようです。
Img_5254

Img_5255

2017年10月12日 (木)

オジギソウ

2017-10-12 
ベランダのオジギソウの花が咲きました。
花火を思い出される形で綺麗です
Imgp3127

K50_7310_2



2017年9月 9日 (土)

植物園

2017-09-08 京都市植物園
数年ぶりに植物園に来ました。秋の蝶を狙いましたが、ちょっと早かったようです。

アゲハチョウ♀
2

Photo

ウラギンシジミ  翅が変形しています、羽化の時に何が有ったのでしょう?
Photo_2

コムラサキ 
2_2

Photo_3

3

チャバネセセリ
Photo_4

ツマグロヒョウモン♂
Photo_5

ナガサキアゲハ  以前は珍しかったこの蝶も今では京都で普通に飛んでいます。
2_3

Photo_6

ハンミョウ
綺麗な色ですね! もう少し大きければ「タマムシ」と変わっていたかも?
Photo_7

ヒメアカタテハ
2_4

Photo_9

ヒメウラナミジャノメ
Photo_8

ホシミスジ
2_5

3_2

Photo_14

ミス ヘプパーン   アジサイ園で変わった名前のアジサイ
Photo_15

2017年8月25日 (金)

信州南部の山旅

2017-08-20~23

20日 御所平、法華道
高速道通行止めも運よく1時間前に解除され、伊那の山室川を北上する。
赤阪を右折し今夜の宿の種平小屋へ。法華道散策

キバネセセリ♀
Photo

キバネセセリ♂
Photo_3

タマゴタケ 初めて見るキノコだが色合いからして毒キノコ?と思いながら写真に収める。
宿の主人に聞くと美味しいキノコで、今夜の食材の一部との事に驚き・・・美味でした
Photo_4

名前の通りの姿です
2

ハナビラタケ
Photo_5

宿主は山屋さんで岩登り、沢登り、山スキー(スノーシュー)を楽しんでいるらしい。
土蔵前に作られたボルタリング練習用ボードと用具類
Photo_6

Photo_7

Photo_8

21日 守屋山 眺望抜群の1等三角点の山頂では沢山の種類の蝶に出会えました。
クジャクチョウ
Photo_9

3

2_2

K50_6924

スジボソヤマキチョウ  
Photo_11

2_3

クジャクチョウとスジボソヤマキチョウ
Photo_12

シータテハ  裏面のCの模様が名の由来
3_2

Photo_13

2_4

ギンボシヒョウモン
2_5

Photo_14

ウラギンヒョウモン
Photo_15

アサギマダラ♂
Photo_16

Photo_17

2_7

コジャノメ
Photo_18

キアゲハ
Photo_19

ミドリヒョウモン
Photo_20

ミドリヒョウモン♂
Photo_21

ミドリヒョウモン♀
Photo_22

スジグロシロチョウ
Photo_23

ジャノメチョウ
Photo_24

22日 入笠牧場   入笠山
スジボソヤマキチョウ AM5時過ぎに見つけた物で、昨夜はこの状態で一晩を過ごしたのでしょう。まだ眠りから覚めてい無い様で、近づいても全く動きません。
Photo_25

2_8

触覚が1本にしか見えなかったので拡大した処、2本がぴったりと引っ付いていました。
Photo_26

ジャノメチョウ
Photo_27

2_9

エルタテハ   裏面のLの文字が名の由来
2_10

Photo_28

オオチャバネセセリ
2_11

3_4

Photo_29

ウラギンヒョウモン
Photo_30

ミドリヒョウモン
Photo_31

ワレモコウにトンボ
2_12

Photo_32

コヒョウモン  花はクガイソウ
2_13

Photo_33

サルオガセ  入笠山山腹の針葉樹に沢山まつわり付いていて、お化けの森のようです。
Photo_34

3_5

2_14

マツヨイグサ
Photo_35

入笠山牧場管理棟(農協ハウス)
Photo_36

«伊吹山の夏