フォト
無料ブログはココログ

2017年5月 5日 (金)

シロヒゲナガ蛾(白髭長蛾)

2017-05-05  4月27日のブログでトビケラの仲間かな?で出した写真の名前が判りました。蛾の仲間で「シロヒゲナガ蛾」の1種と判りました。
蛾ですから分類からするとチョウの仲間になります。

名前は「クロハネシロヒゲナガ」でしたが驚くほど長い触覚です。どんな役割をもっているのでしょうか? 花はヘビイチゴ?
2_6

3_2

Photo_7

コミスジが帰ってきました

2017-05-04  何年ぶりでしょうか・・・木幡池周辺では久しく見なかったコミスジがいました。以前は沢山いた種ですがいつの間にかホシミスジに変わっていました。
コミスジ♂
Photo

2

3

ツマグロヒョウモン♂  羽化したてなのでしょう、綺麗です
Photo_2

2_2

5

4_2

ツバメシジミ♀
Photo_3

2_3

4

5_2

ベニシジミ  
Photo_4

キタテハ
Photo_5

テングチョウ(越冬体)  カラシナでの吸蜜は初めて見ました
Photo_6

一冬越せば天狗の鼻も細くなってしまいますね
2_5

2017年5月 4日 (木)

宇治川でのひと時

2017-05-03  宇治川河川敷
春の蝶も一段落して、蝶影は少なくなり、あれだけ沢山いたツマキチョウも全て姿を消して一頭もいませんが、アザミが咲きだしたので楽しみです。

アゲハとキアゲハのバトル?です
♀と勘違いしているのかキアゲハにアゲハの♂が近づきました。
K50_5915

驚いたキアゲハが今度はアゲハを追いかけます
K50_5914

K50_5919

こんな事を繰り返していました
K50_5900

K50_5908

ケリがいました。これだけ近くで見たのは初めてです
K50_5947

シャッター速度が遅かったようです
K50_5961

2017年4月29日 (土)

面白いアオスジアゲハが撮れました

2017-04-29  木幡池周辺
ルリタテハ  この周辺では初めて撮るチョウです。
K50_5837

K50_5849

K50_5861

テングチョウもお出ましです(越冬体)
K50_5866

アオスジアゲハ   今年初見のものですが上翅の中程に余分なハート型の紋が有ります。こんな勲章付きは初めて見ました。
Photo

Photo_2

Photo_3

K50_5886

アオスジアゲハ 正常型(参考)
Photo

ベニシジミ  綿毛が気持ちよさそう!
Photo_4

スイバにも止まりましたが吸蜜は無し
Photo_5

Photo_6

北池まで足を延ばしましたがエノキの幼木にこんなネットがかけられていました。
ネット越しに中を覗くと、何と国蝶の「オオムラサキの」の幼虫が餌の葉っぱを食べていました。先週は無かったはずですが近くに同好者がいるんですね。
個人の家での飼育は毎日のエノキの葉の餌やりが大変なので、ここなら安心です。幼虫は遠くから採集して来たもので蛹になるまでの飼育でしょう。
Photo_7

2017年4月27日 (木)

木幡池周辺

2017-04-27  木幡池
ベニシジミ 春の花も種類が増えてきました。定番のヒメジョオンです
Photo

アゲハ  
Photo_2

Photo_3

Photo_4

ヒメウラナミジャノメ
Photo_5

カスマグサ  木幡では珍しくスズメノエンドウと同じくらい沢山の花が咲いています。
Photo_6

Photo_8

Photo_9

スズメノエンドウ  小さな花なので手撮りは大変です。
Photo_10

Photo_11

ヒラタアブの仲間でしょうか? カラスムギもすっかり大きくなりました。
Imgp2713

ムナキルリハムシ?
Photo_7

トビケラの仲間? 白く長い触覚が目立ちます、名前調べましたが判りませんでした!
Imgp2688

ナヨクサフジ(クサフジ)  近くの公園で見慣れぬ花を見つけましたが名前は知りませんでした。YT会の花に詳しいH氏に聞いて判りました。初めて見る花です。
Dsc03812

Photo_13

2017年4月22日 (土)

ツマキチョウを追って再度宇治川へ

2017-04-21  
昨日時間切れで離れた場所に再度行きました。多くのツマキチョウが舞っていました。
ツマキチョウ飛翔、右の♀を追って3頭の♂が競争
Photo

吸蜜中の♀に♂が群がります
2

K50_5668

♀は腹端を立てて交尾拒否
3

カラシナの花の中には餌を待ち構えるハナグモが! 
クモの存在は離れてみると全く判りません
Photo_2

Photo_3

ナガメ(菜に付くカメムシから来た名称)も子孫を残します。3組も!
2_2

なぜか一か所に集まりました
Photo_4

ツマキチョウ♂吸蜜 長い給水管です
Photo_5

ムラサキケマンの蜜は奥が深い(♀)
Photo_6

アップ(♂)
Photo_7

K50_5739

K50_5743

モンシロチョウ交尾、右が♂
Photo_8

ベニシジミ  今日のはきれいです
2_3

Photo_9

ハナムグリ  花粉も食べますが受粉に役立っているようです。
Photo_10

Photo_11

K50_5772

クサノオウ  初めて見る花です
Photo_12

2017年4月20日 (木)

宇治川の春の蝶

2017-04-20  宇治川河川敷
ベニシジミ  鱗粉はかなり落ちていますが元気です,キツネノボタンです。
Photo

Photo_2

キタテハ  越冬蝶にしてはきれいです
Photo_3

ツバメシジミ♂
Photo_4

Photo_5

ヤマトシジミ♀
Photo_6

ツマキチョウ♀
今年は小幡池では全く見れませんでしたが宇治川河川敷では乱舞の状態でした。
これだけ沢山のツマキチョウを見たのは初めての事で感激しました。
ムラサキケマン、セイヨウカラシナ、カラスノエンドウでの吸蜜で充分楽しませてもらいましたが、春の短い間の命の蝶です
Photo_7

Photo_8

Photo_9

ツマキチョウ♂ 翅先端のオレンジ色が特徴です。翅裏の文様も綺麗ですね
Photo_11

Photo_14

Photo_15

K50_5604

ハナグモ  吸蜜中のツマキチョウ♂がハナグモの餌食になりました
Photo_18

Photo_19

ツマキチョウの体液を吸い取ったあとは「ポイ」と捨てました。
そのままの姿の残骸ですが今にも飛び立ちそうです。
Photo_20

2017年4月16日 (日)

木幡中池と宇治川

2017-04-16  木幡中池
亀が甲羅干しをしていますが、6匹もいると場所取りも大変なようですね。水面の白いのは桜の花びらです
Photo

水虫でも出来たのでしょうか?足の裏まで干しています
K50_6125

ホシハジロ
以下の冬鳥はもうじき木幡池からいなくなります。
Photo_2

オオバン
Photo_3

コガモ
K50_5502_2

キンクロハジロ
Photo_6

ハシビロガモ
Photo_7

アゲハチョウが吸水中  中々逃げないので撮影は楽ですがもう少し綺麗な場所で・・・
Photo_4

ベニシジミ  宇治川堤防のカラスノエンドウ
Photo_5

Photo_6

ベニシジミにナナホシテントウが近寄ってきました
Photo_7

テントウムシはベニシジミの体の下に入り持ちあげました、ベニシジミはたまらず退散
Photo_8

ヒメウラナミジャノメ  今年初です
Photo_9

Photo_10

前面の杭が邪魔ですね
Photo_11

ヒメアカタテハ  珍しく草むらの中にいました、こんなせまっ苦しい所にいるのは初めて見ました。羽化直後なのでしょうか?動きません
Photo_12

2017年4月15日 (土)

福井の春の蝶

2017-04-13  福井杣山
今年は冬が長く花と蝶の時期が少々ずれているようで、山頂の桜はまだ大半が蕾でした。
しかしギフチョウは例年通りに出てきたようで、翅には精彩が有りません。

ルリシジミ  朝1番に訪れたのはやはりこのチョウ
Photo_23

次がキアゲハ
Photo_4

ギフチョウ  8時前にお出ましです
Photo_5

数輪しかない桜にとまってくれました
K50_5344

昨年同様驚きのフタオギフチョウが今年も何とか撮れましたが、情けない事にブレが大きく証拠写真程度にしか撮れませんでした。
杣山のギフチョウには杣山型と言う珍しい紋様のものが有り、それを目当てに来る採集者が沢山いますが尾錠突起には気を付けていないのでしょうかね?
Photo_6

ヒオドシチョウ  成虫で越冬した苦労者です。鱗粉はかなり剥げています
Photo_8

麓のお寺に沢山のカタクリが咲いていましたが花の勢いは有りませんでした。
Photo_9

Photo_10

Photo_12

2017-04-14 杣山 今日は網を持った採集者が沢山入りましたので、山頂まで行かずに林道で待機です。
ギフチョウ  ヤマザクラでの吸蜜
Photo_13

Photo_14

Photo_15

小さなギフチョウです。桜の花びらの大きさから想像してください
Photo_16

Photo_17

ショウジョウバカマで吸蜜  イワウチワも沢山ありましたがギフチョウの姿は無し
Photo_18

Photo_19

スミレにも来ましたが、やはりこの角度では他の花に比べ見劣りがします。
Photo_20

Photo_22

イワナシ
Photo

イワウチワ
Photo_2

タムシバ  まだ蕾が多い
Photo_3

ショウジョウバカマ
Photo_4

Photo_5

後ろの山は冠山、金草岳
K50_5358

4月13日の山頂の桜  後ろの山は日野山
Photo_24

2017年4月 4日 (火)

今年一番の暑さになりました

2017-04-04  木幡池周辺
先日のモンキチョウの卵
産み付けられて5日目、色が大分濃くなってきています。
数日で孵化するのでしょう。
Imgp2464

テングチョウ   桃山御陵
越冬体です、右翅は大きく傷んでいます
Dsc03778

Dsc03781

キタテハ  越冬体です
K50_5247

ツバメシジミ  木幡池周辺
K50_5261

K50_5273

K50_5271

ベニシジミ
咲きだしたセイヨウカラシナでの吸蜜
K50_5238

K50_5240

K50_5243

キチョウ
珍しくヒメオドリコソウでの吸蜜ですがどんな味がするんでしょうか?
K50_5255

モンキチョウ
カラスノエンドウで吸蜜していました。中々見せて貰えぬ翅表が撮れましたが
大きくピンボケです
K50_5279

K50_5278

ルリマルノミハムシ(宮崎の先生に同定してもらいました)
小さな甲虫がハナニラの花に止まっていました。
ネットで見ると害虫の様です
Imgp2462_2

«春定番の蝶が出揃いました