フォト
無料ブログはココログ

2024年6月22日 (土)

初夏の蝶

2024-06-22
昨年挑戦して思いが叶わなかった蝶に再度出会いに行きました。
雨上がりの林では多くの個体が出迎えてくれました。
採集者もなく撮り放題!
森の妖精と呼ばれるこの種の蝶は撮影者の憧れです。

ヒサマツミドリシジミ(♂)
11_20240622204101
12_20240622204301
13_20240622204301
14_20240622204401

ウスイロヒョウモンモドキ
絶滅危惧1種に指定されている貴重な蝶です。
地元の方の手厚い保護により絶滅を免れています。
初めて見る姿に感激!
最初の出会いは食草保護の鹿用防護ネットに止まった物です。
16_20240622212301
1_20240622205001
2_20240622205001
3_20240622205101
4_20240622205101

2024年5月10日 (金)

春の蝶Ⅱ

2024-05-02〜05
昨年同様、春の蝶の出番がますます早くなっています。
毎年この春を楽しみにしていますが時期が読めなくて大変です。

チャマダラセセリ(絶滅危惧種)
20h8a0694
30h8a0699
0h8a0788
40h8a0390

ツバメシジミ
0h8a0730
0h8a0731

スジグロシロチョウ
70h8a0969
80h8a0981

クモマツマキチョウ
 春にしか見られない珍しい蝶です
90h8a1400
0h8a1142
120h8a1149
100h8a1212
130h8a1157
交尾
140h8a1318

2024年4月24日 (水)

春の蝶

2024-04-24
今年も忙しい季節になりました。

春定番のギフチョウです
1_20240424110401
2_20240424110401
待望のアセビに止まってくれました
3_20240424110401

アカタテハ(越冬体)も元気です
4_20240424110501

キタテハ(こちらも越冬体)
5_20240424110501

ミヤマセセリ 大変地味な色合いですが、早春にしか見られない蝶です
6_20240424110601

トラフシジミ
7_20240424110701
8_20240424110701

メジロ 
9_20240424110801
嘴には桜の花粉がベットリ
10_20240424110801

カタクリ
11_20240424110901

2024年3月16日 (土)

ヒレンジャク

2024-03-01
近くにヒレンジャクの大群が飛来してきました。
1_20240316090601
電線にもびっしり
3_20240316090701
アンテナにも
32
狙いの餌は沢山のネズミモチの実です
4_20240316090801
5_20240316090901
キレンジャクも混じっています
6_20240316091001
飛び去った後ネズミモチの実はこんなに少なくなっています
62
ユーモラスな顔ですね
7_20240316091401
勿体ないので地面に落ちた実も綺麗にします
8_20240316091601
慌てて飛び立ち口からこぼれそう
9_20240316091601

メジロも仲間入り
15_20240316091801
16

2024年2月28日 (水)

仲良しオシドリ2

2024-02-28
前回に続きオシドリですが、この鳥は普通湖沼に浮かぶ姿が多く
川の流れの中にいる姿はあまりお目に掛かれません。
撮影条件を変え川の流れを変化させて撮ってみました。
(指導はI氏)
オシドリ
120h8a17031000
80h8a2595125
130h8a173460_20240229074901
110h8a171613_20240229075001
140h8a174210_20240229075101

帰ろうとした時、突然♂が目の前に飛んで来てくれました
ラッキー!
素晴らしい色合いですね(ノートリです)
90h8a2555800

2024年2月19日 (月)

仲良しオシドリ

2024-02-15
宇治川でオシドリ夫婦の面白い行動が撮れました。
場所は50m程の川の対岸で、手撮りでしたので
少々ブレが有りますがご勘弁を!

オシドリの「つがい」を見つけました!
1_20240219075401

突然オスがメスの首の毛づくろいを始めます
2_20240219075501
3_20240219075601
4_20240219075801
メスの目元が緩んでいます,  クリック拡大で納得です
5_20240219080001
6_20240219080201
7_20240219080601
8_20240219085001
嘴に2度ふれあい・・
9_20240219080801
10_20240219080801
最後はハグ?です。メスの目は完全に閉じられています
11_20240219081101
12_20240219081201
今日はこれでお終い
13_20240219081401
満足げに泳ぎ出しました
14_20240219081501
鳥にもこんな感情があるとは驚きでした。
楽しい場面を見せて貰い感謝!




2023年12月 8日 (金)

ミヤコドリ

2023-11-29 三重、津の海
ミヤコドリ
近畿では見れない珍しい鳥を見に行きました。
陸地から結構離れた干潮時にしか見えない砂浜です。

餌の貝を捕まえました。嘴を貝が挟んだ時に
持ち上げるようです。
Photo_20231208202601
上手に貝を割り中身を食べています。貝が主食との事。
Photo_20231208202901
あー食った食った
Photo_20231208202902
飛翔
Photo_20231208203001
Photo_20231208203002

カモメが蟹を捕まえました。
Photo_20231209075601
食べようとするとカラスが横取りをしようと群がって来ましたが、
体の大きなカモメはカラスを追っ払いました。強い!
Photo_20231208203401

別なところでカラスも蟹を捕まえました。
Photo_20231208203901
持ち上げて落としています
Photo_20231208203501
蟹の足が取れています
Photo_20231208204101

干潮時に出来た砂浜には沢山のカモ、シギ類がいました。
Photo_20231208204301

ミサゴが餌をゲット。残念ながら飛び込みは撮れません!
13_20231208204601

近くの畑にタゲリがいます。
Photo_20231208204401
飛翔
Photo_20231208204402
2_20231208205701


2023年11月21日 (火)

木幡池

2023-11-21
今年の冬も木幡池の鳥が楽しませてくれるようです。
カワセミ飛翔
Photo_20231121153401
Photo_20231121153501
同じく7枚組です
Photo_20231121153601
Photo_20231121153602
Photo_20231121153701
Photo_20231121153702
Photo_20231121153703
Photo_20231121153801
Photo_20231121153802
お後は次の機会に・・。

2023年11月 5日 (日)

サギ類営巣準備

2023-05-11
御陵の森の巣作りが忙しい、サギ類のゆりかご用の小枝運びです。
コサギ
0h8a7856

チュウサギ
ダイサギに似ていますが中々お目に掛かれません。
0h8a7817

ダイサギ
大きな枝を運んでいますが、ゆりかご用には硬そうです。
0h8a7707
0h8a7744
0h8a7773

アオサギ
0h8a7802
0h8a7776
0h8a7712

ゴイサギ
0h8a7728

2023年11月 3日 (金)

木幡池の鳥

2023-11-03 
異常な夏の暑さも終わり、木幡池の鳥が賑やかになって来ました。
定番のカワセミです
Photo_20231103145301
2_20231104104201
Photo_20231103145302
Photo_20231103145201
Photo_20231103211901
Photo_20231104105101
Photo_20231104105201

ジョウビタキ♂
Photo_20231103145401
Photo_20231103145501
Photo_20231103145502

モズ♀ 
Photo_20231103145601

«初夏の蝶

ウェブページ

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30