フォト
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月25日 (金)

信州南部の山旅

2017-08-20~23

20日 御所平、法華道
高速道通行止めも運よく1時間前に解除され、伊那の山室川を北上する。
赤阪を右折し今夜の宿の種平小屋へ。法華道散策

キバネセセリ♀
Photo

キバネセセリ♂
Photo_3

タマゴタケ 初めて見るキノコだが色合いからして毒キノコ?と思いながら写真に収める。
宿の主人に聞くと美味しいキノコで、今夜の食材の一部との事に驚き・・・美味でした
Photo_4

名前の通りの姿です
2

ハナビラタケ
Photo_5

宿主は山屋さんで岩登り、沢登り、山スキー(スノーシュー)を楽しんでいるらしい。
土蔵前に作られたボルタリング練習用ボードと用具類
Photo_6

Photo_7

Photo_8

21日 守屋山 眺望抜群の1等三角点の山頂では沢山の種類の蝶に出会えました。
クジャクチョウ
Photo_9

3

2_2

K50_6924

スジボソヤマキチョウ  
Photo_11

2_3

クジャクチョウとヤマキチョウ
Photo_12

シータテハ  裏面のCの模様が名の由来
3_2

Photo_13

2_4

ギンボシヒョウモン
2_5

Photo_14

ウラギンヒョウモン
Photo_15

アサギマダラ♂
Photo_16

Photo_17

2_7

コジャノメ
Photo_18

キアゲハ
Photo_19

ミドリヒョウモン
Photo_20

ミドリヒョウモン♂
Photo_21

ミドリヒョウモン♀
Photo_22

スジグロシロチョウ
Photo_23

ジャノメチョウ
Photo_24

22日 入笠牧場   入笠山
ヤマキチョウ AM5時過ぎに見つけた物で、昨夜はこの状態で一晩を過ごしたのでしょう。まだ眠りから覚めてい無い様で、近づいても全く動きません。
「浅間の煙」さん、有難うございました。
Photo_25

2_8

触覚が1本にしか見えなかったので拡大した処、2本がぴったりと引っ付いていました。
Photo_26

ジャノメチョウ
Photo_27

2_9

エルタテハ   裏面のLの文字が名の由来
2_10

Photo_28

オオチャバネセセリ
2_11

3_4

Photo_29

ウラギンヒョウモン
Photo_30

ミドリヒョウモン
Photo_31

ワレモコウにトンボ
2_12

Photo_32

コヒョウモン  花はクガイソウ
2_13

Photo_33

サルオガセ  入笠山山腹の針葉樹に沢山まつわり付いていて、お化けの森のようです。
Photo_34

3_5

2_14

マツヨイグサ
Photo_35

入笠山牧場管理棟(農協ハウス)
Photo_36

2017年8月19日 (土)

伊吹山の夏

2017-08-17 伊吹山
伊吹山にバスで上がり徒歩で下る「伊吹山,花のガイド人」付きの山行に参加してきました。
山頂付近では年間を通じ約60種類もの花が見られるそうで、日本でも有数の花の山で有名です。ただ山頂での涼しさが嘘のように、旧スキー場の長い々下りは予想もしない地獄の暑さでした!

ミヤマカラスアゲハ(カラスアゲハ?)花はコオニユリ
立ち入り禁止のロープ越しに、コンデジで10メートルほど離れた所の蝶を撮るのはピント合わせが疲れます。
勿論十分なトリミングをしています
Photo_2

Photo_3

ヒメアカタテハとスジグロシロチョウ (花はルリトラノオ)
少々色あせしていますが破損の少ない蝶です。(白化型?)
Photo_4

ナンバンギセル  図鑑では何度も見ている花ですが、現物を見るのは初めてです。
藪の中に沢山咲いていました。命名には感心させられます
Imgp3098

Imgp3100

Imgp3097

2017年8月 3日 (木)

早朝の騒音

2017-08-03  蝉
住居のマンション周辺では夜明け前から蝉の大合唱が始まります。
大半はクマゼミですが中にアブラゼミも混じり混成合唱、しかしこれだけ沢山の蝉が一斉に啼きだすと騒音に近いものが有ります。
セミの皆さん方、羽化はお気に入りの場所があるようで、抜け殻の塊が多く見られます。
2

3

Photo

蝉の這い出した穴。この穴の下付近にはまだ7年分の幼虫が生きているんですね。
Photo_2

コミスジ  天ヶ瀬ダムの下
Photo_3

2_2

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »